SSブログ
前の10件 | -

仏教の「縁起」を感じるマンガ:幸村誠『プラネテス』 [マンガ]

とかちののさまチャンネル(浄土真宗本願寺派 北海道教区 十勝組 青少年キッズサンガ部の youtube チャンネル)に寄稿しました。メンバが順番で動画をアップしているのの一環です。幸村誠というマンガ家の『プラネテス』を紹介しています。大変におもしろくて、なおかつ否が応でも仏教を感じてしまって、「そっかこれって仏教マンガだったんだな!」と思わざるを得ない一作です。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

浄土真宗Live 信は願より生ずれば [日記]

浄土真宗Live というところでご法話をさせていただきます。
2021年10月5日、19:30~、
1時間くらいご法話、そのあと座談会?的な感じみたいです。

ネットでご法話は、わたしは初めてです。
よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:動画

自分のこととして…… あさまいりの法話です。 [法話]

2021年10月1日の、あさまいり法話(仏教・浄土真宗の話)です。
浅井成海先生の『聖典セミナー』「正像末和讃」を大いに参照させていただきました。



「 聖道門のみ教えは、難しいので駄目ですとおっしゃるところに中心があるのではなく、われわれ一人ひとりに、本当に自分の人生を問い、限りあるいのちを生きていることに気づいていますかという根本のお尋ねではないでしょうか。そして、本願のみ教えを聞法される方々にも、他力のみ教えに帰して念仏生活をすごしておられますが、真剣に聞法なさっておられますかというお尋ねでもありましょう。自分のかかえている悲しみや苦しみは深く、そこから真に解き放たれ、われも人もともに喜ぶみ教えとの出遇いがなされているかどうかの問いかけでありましょう。
 現代には多くの宗教があります。私たちも浄土真宗の門徒だと言いながら、真の念仏者としての生き方が問われています。このように思いをめぐらしてこの和讃を拝読しますと、一句一句が私への厳しい問いかけになっていることが知られます。「釈迦の教法ましませど」は、八万四千の教法があるけれど、私の救われていく教法は、弥陀の本願ただ一筋の道でありますというお示しですが、私の上にそうでありましたかという厳しい選び方がなされているかどうかが問われているのです。」
浅井成海『聖典セミナー 正像末和讃』本願寺出版社 p.196
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり」妙法寺あさまいり法話 [法話]

2021年9月16日 妙法寺あさまいりの ご法話(仏教の話)です。
ご讃題(話す前にいただく仏教の聖句)は、親鸞作『高僧和讃』中「善導讃」から

「信は願より生ずれば 念仏成仏自然なり
  自然はすなはち報土なり 証大涅槃うたがはず
  をいただきました。



3台のカメラを使って、録音はワイヤレスマイクでやってみました。今までいちばんうまく撮れたような気がします。が、あんまり効果的でないような気がしてならないので、映像をたくさん撮るのはもうやめようかなと思っています。

ご讃題のあとに読んでいる本は『三帖和讃 現代語訳』本願寺出版社、です。短く簡潔に現代語訳してくださっているので重宝しています。深く広く勉強したいときは『聖典セミナー』(本願寺出版社)のシリーズを使っています。というかご和讃でご法話をするときの元ネタはほとんどこの『聖典セミナー』です。

非常時に大事なことはいつでも大事なこと、
いつも大事なことは非常時にも大事なこと、

みたいな、たぶんあたりまえかもしれないことを述べたり、じゃあ「いつでも大事なこと」や「いつも大事なこと」っていうのは具体的にはどんな内容なんだろう、その内容を述べたりしているつもりです。うまくいっているかどうかは、……見てみてください。(もっと努力します。)

お願いです。ぜんぜん駄目じゃん! とか、言いたいことはわかる気がするけど話し方とかもっと頑張ろうよ、とか、その論文ってまどマギのあれか? とか、素晴らしいご法話もう完璧! とか、なんでも良いので、ご感想やお叱りなど、コメント欄に書いてくださったら嬉しいです。

最近やっと自分のご法話は専門用語や仏教の概念が何の前提も説明もなくポーンと出て来がちだということに、おぼろげにですが気づけました。用語を平易な言葉に変えればそれで良いかというとそうでもないんですが、でもなるべくわかりやすい方向に変えていけたらなと思っております。

次回の更新は10月初旬を予定しています。
(うまくいけば10月1日のあさまいりの動画をアップする予定です。)

ではでは。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「南無阿弥陀仏をとなふれば 十方無量の諸仏は」 [法話]

2021年9月1日 妙法寺あさまいりのご法話です。
最初にいただく聖句は

 南無阿弥陀仏をとなふれば
  十方無量の諸仏は
  百重千重囲繞して
  よろこびまもりたふなり
  (親鸞作『浄土和讃』中「現世利益和讃」)

でした。このご和讃、大好きです。
ご意見ご感想など、お待ちしております。よろしくお願いします。


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「お盆」って何? YouTubeチャンネル (何をあわていたのか……) [日記]

2021年8月16日 あさまいり 妙法寺(音更)です。
ご讃題(法話の冒頭にいただく聖句)は、親鸞作『顕浄土真実教行証文類』(『教行信証』)中の「行文類」所収『正信念仏偈』から

 往還回向由他力 正定之因唯信心
 往くも還るも他力ぞと ただ信心をすすめける

です。



お盆に定番の、目連尊者(お釈迦さまのお弟子さま)とそのお母さんをめぐるお話から、お盆のいわれを味わっていきます。そして最終的には「じつは、浄土真宗ではお盆でなくてもこの世界に還ってこられている!」という話になります。

いつもでしたらYouTubeチャンネルにアップした途端にココに紹介するんですが、今回はなぜかそれを失念していたようです。いまご法話を見直していて気付きました。どうもすみません。

ではでは。なんまんだぶ。

冒頭、走ってマイクを持って来てくれるのは妻です。マイク、何日か前に電池を入れ替えたものを使おうと持っていたんですがなぜかスイッチを入れても使えなくて。その後確認したらコードの差し込みが入りきってませんでした。きちんと差し込んだら緑色のライトがついて使えました。なんまんだぶ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

ちしゅーのほむほむちゃんねる [法話]

今まで「石田智秀」だったYouTubeチャンネルの名称を変更しました。

「ちしゅーのほむほむちゃんねる」
https://www.youtube.com/channel/UC1LUg_V3YsTbQUkJN4EntTw

  ちしゅー ←智秀
  ほ  ← 法話
  む  ← 無量寿経(浄土真宗の要)

という理由での命名ではありますが、内容がご法話で漢字ばっかりな感じなのにチャンネルの名称がすべてひらがなとい事実に違和感を覚えないでもないので、そのうちこっそりひっそり変更するかもしれません。(次候補も考えてあります。)

あわせて、今まではチャンネルにアクセスすると「このチャンネルにはコンテンツ(内容)がありません」みたいな画面が最初に来るようになっていたのを改善しました。

わたし誤解してまして。

この「内容がない」という表示は、管理者であるわたしだけに表示されているんだと思っていたんです。だって別のどのチャンネルに行ってもそのチャンネル内にあるいろんな動画へのリンクが最初に表示されているから。だからうちも勝手にそうなってるんだろうと思ってたところ、昨日はじめて自分のスマホから「石田智秀」チャンネルにアクセスしたら「内容がない」って出てびっくり。(それなのにチャンネル登録してくださっていた方々ありがとうございます。)

で、よくよく考えて誤解してたことがわかったので、自分のアイコンとトップページの画像を登録し、あわせて最初に出てくる動画を何にするかも指示しました。ちなみにアイコンはTwitterと同じ、トップページのねこねこ画像はFacebookと同じです。

今後ともよろしくお願いします。

今はご法話と漫才だけですが、漠然とですが、ちょっと違う感じの別の動画も登録できたらなと思っています。もちろんあんまり頑張り過ぎずにやれる範囲でやっていこうと思っています。

なお、法話や無量寿経も「ほむほむ」という名前の大きな要素ではありますが、「暁美ほむら」の愛称のひとつが「ほむほむ」であることも少々の要素となってはおります。

ではでは。なんまんだぶ。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:キャラクター

「信心を得た人に導かれないと、信心は頂けないのか」 [法話]

瓜生崇さんは、定期的にいろんな講義をなさっています。
そのときにいろんな質問を受けて、答えてくださってます。
この質問と回答も、なんかとても良いです。

なんまんだぶ、なんまんだぶ。
(2021年8月20日までの限定公開だそうです)



「信心」というのは、浄土真宗と他の宗教とで意味合いがちょっと違います。一般的な宗教でいう「信心」は「わたしが信じる心」で、どれだけ強く信じ込むか?という感じですが、浄土真宗ではそうではなく、「阿弥陀さまからいただく」という感じで、「ご信心」といったりします。このことからもフツーの心でないことが覗えると思います。そういうこともあって浄土真宗の中では「信心を〈いただく〉のはとてもむずかしい」というイメージが一般的です。「信心を得る」「信心を獲得(ぎゃくとく)する」といったりもします。

信心が浄土真宗の「信」の基本であると思われている、と同時に「いちばん難しい」とも思われています。

そういうもんであるなら、信心を「得ている」人に指導されないといけないよね? という感じの質問が来て、瓜生さんはその質問が知らず知らずに根拠にしている「そういうもんである」というところをこそ「ホントにそうなの?」とえぐっていきます。

誰にも聞かれてませんが信心について自分がどう思っているかを言うと、瓜生さんとたぶんちょっと違った表現になるんだと思いますが、「信心というのは、得るとか獲得するとか、そういうふうに言うべきでないということがわかるのが、信心を得た状態なんだ」、みたいなことがひょっとすると言えるのかな?と思っています。でも「これだ、これだぜ! これだったんだ! やったぜつかんだぜ信心!」みたいな感じならそれは違うとも言える。

そしてまた、これは瓜生さんの表現をたしかそのままいただいてよく言っていますが、「南無阿弥陀仏そのものがご信心」です。
 
稲城和上の「与えて持たさぬがお慈悲じゃぞ!」という表現も大好きです。
 
なんまんだぶ、なんまんだぶ。

……知らんけど。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

「九十五種世をけがす 唯仏一道きよくます」あさまいり [法話]

2021年8月1日 あさまいり 妙法寺(音更)です。
ご讃題(聖句)は、親鸞作『正像末和讃』から

九十五種世をけがす
 唯仏一道きよくます
 菩提に出到してのみぞ
 火宅の利益は自然なる

です。


「正像末和讃」のおおよその性質、正法・像法・末法とは何か、「九十五種」とは何か、など一応の説明もしつつ、「末法」の世界では阿弥陀仏の救済こそが真実の救済法であること、また、実は末法に限らず正法でも像法でもやっぱりそうであること、などを話しています。

あさまいりは毎日、朝7時から。
正信偈と、ご和讃の繰り読みをしています。
ふだんは正信偈「草譜」です。
16日だけは「行譜」です。

ご法話があるのは1日と16日です。
おおむね10分から15分くらいです。
お盆の8月16日は、お盆のことなどを話して、30分くらいになる傾向があります。
冬もおまいりはしていますが、本堂が寒すぎるので、ご法話は休止しています。

ぜひおいでください。

【追記】
このご和讃は、善導大師『法事讃』の

「願はくは往生せん、願はくは往生せん。世尊慇懃に身子(舎利弗)に告げて、諸仏の大悲の同じきことを表知せしめたまふ。たがひに徳を讃じて心異なることなく、巧みに時機に応じておのおの功あり。六方の如来みな讃嘆したまふ。「釈迦の出現はなはだ逢ひがたし」と。まさしく五濁の時の興盛なるを治す。無明頑硬にして高峰に似たり。劫濁の時移りて身やうやく小なり。衆生濁悪にして蛇竜に等し。悩濁遍満して塵数に過ぎ、愛憎違順して岳山のごとし。見濁の叢林棘刺のごとし。命濁中夭刹那のあひだなり。依正二報同時に滅し、正に背き邪に帰して横に怨を起す。九十五種みな世を汚す。ただ仏の一道のみ独り清閑なり。出でて菩提に到らば心尽くることなく、火宅に還来して人天を度す。衆等、心を回してみな往かんと願じて、手に香華を執りてつねに供養したてまつれ。」(善導大師『法事讃』註釈版七祖篇 pp.574-575)
をふまえていると思われます。

このご和讃だけでなく、このあたりのご和讃ぜんぶ、そうみたいです。すみません。このご和讃の前のご和讃は、順に……

劫濁のときうつるには
 有情やうやく身小なり
 五濁悪邪まさるゆゑ
 毒蛇・悪竜のごとくなり

無明煩悩しげくして
 塵数のごとく遍満す
 愛憎違順することは
 高峰岳山にことならず

有情の邪見熾盛にて
 叢林棘刺のごとくなり
 念仏の信者を疑謗して
 破壊瞋毒さかりなり

命濁中夭刹那にて
 依正二報滅亡し
 背正帰邪まさるゆゑ
 横にあだをぞおこしける

末法第五の五百年
 この世の一切有情の
 如来に悲願を信ぜずは
 出離その期はなかるべし

となっています。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

スムーズな撮影をめざして [お寺]

1カメ、2カメ、3カメ! を用意してたのに1つ撮りそこね、接続方法が分かってこないだから使ってたマイクは直前になって電池切れに気付き使えず従来のICレコーダ録音となり、さんざんな「あさまいり」撮影となりました。

ご門徒さまは雨のなか来てくださった。
ありがとうございます。
ご法話の内容はそんなに悪くなかった気がする。
希ガス。
記録が残念。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域
前の10件 | -