SSブログ
前の10件 | -

五島勉が亡くなられた。 [日記]

大ベストセラー作家の五島勉さんが亡くなれたそうです。

「ノストラダムスの大予言」の著者、五島勉さんが死去
2020年7月21日 22時31分
https://www.asahi.com/articles/ASN7P7FD3N7PUTFL00Q.html
「 五島勉さん(ごとう・べん=作家、本名後藤力〈ごとう・つとむ〉)が6月16日、誤嚥(ごえん)性肺炎で死去した。90歳だった。葬儀は近親者で営んだ。
 1973年に刊行した「ノストラダムスの大予言―迫りくる1999年7の月、人類滅亡の日」は、16世紀のフランスの医師・占星術師、ノストラダムスの予言集を解釈したもので、ベストセラーになった。」

この人には一言で言うと「ひどいめにあった」。
小学生の時にこの人の書いた『ノストラダムスの大予言』という本を「読んだ」とも言えない読み方をして「ハマった」とも言えないハマり方をした。つまり、本をぜんぶ読んだわけではないし書いてある内容をぜんぶ理解したわけでもないのに、そこに書かれている「あること」を真に受けて信じ込んだのだ。端的に言うと「1999年の7月に人類は滅ぶ」ということをそのまま信じてしまった。
年齢で計算すると27歳11ヵ月で自分は死ぬんだと思った。
フランスのなんかとても偉い人が「予言」をしている。その予言は難解だがきちんと解釈するときちんと予言しているし未来を言い当てている。過去にも何個も的中しているのは言うまでもない。その予言の中に、「1999年の7月に人類は滅ぶ」という内容が記されている。その本にはそうあって、そのことを信じ込んだ。
「阿弥陀さまが救う」と言われてもぜんぜん信じられない自分をのちのち発見していくわたしなんだけどそのときはその「滅ぶ」という内容を信じてしまった。信じることは難しいけれど実はとっても簡単。わたしは変なものを信じ込む人なんだなあと思う。
死の恐怖をわたしが持て余すようになったのはその時からだったと思う。他には説明がつかない。そしてその頃のサブカルには今思えば「予言」とか「超能力」とか「UFO」とか「幽霊」とか「前世」とか「来世」とか「異次元」とか「妖怪」とかのオカルトが溢れていた。そして世界は冷戦のまっただ中で核戦争はすぐそこにある危機として常に語られていたし映画の『ザデイアフター』や『風が吹くとき』やNHK特集の『核戦争後の地球』などがその信憑性を高めていた。
とにかくわたしが「1999年7月の人類滅亡」という予言から解放されたのはだいぶ経ってからだったと思う。大学生の頃にはさすがに信じてはいなかったんじゃないだろうか、それ以外に大事なこと気にすべきことがいっぱいあったから。でもたしか中学生の頃は「滅んじゃうんだ。困ったな」とどこかで思い続けていたのではないだろうか。正直よくわからなくなってしまっているが影響力は甚大だった。
『風の谷のナウシカ』も解釈の仕方によっては「核戦争後の地球」を扱っているように読めないこともない。青き衣の者の原型となっている巨神兵と腐海は核戦争をモチーフとしているように読める。実際にオウム真理教では「最終戦争」後の地球を舞台にしているからと、ナウシカを推薦図書に指定していたと聞く。「聞く」というのは実際に聞いたことがあるからだが本当に指定していたのかどうかは不明。
最初に出遇ったオカルトのひとつ、ノストラダムスの大予言。
でもこじらせておかしくなった経験があったから変なショートショートも書けた。
なんまんだぶ。なんまんだぶ。なんまんだぶ。

石田智秀『最後の一人』(SFマガジン、投稿)
http://www004.upp.so-net.ne.jp/chishu/sousaku/sf.html
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

テレホン法話。 [法話]

浄土真宗本願寺派・北海道教区十勝組、ならびに、浄土真宗本願寺派本願寺・帯広別院で、共同でずうーっとやっているテレホン法話があります。その 2020年7月16日~31日 を担当しました。

電話 0155-42-4446
よろしければお聞きください。
以下、その原稿です。

 浄土真宗本願寺派、北海道教区十勝組・本願寺帯広別院、テレホン法話に、ようこそ。

 さて。親鸞さまの言葉を紹介してくださっている『歎異抄』という書物の、第八条には、親鸞さまが、「念仏は、称える人にとっては、行でも善でもない」と仰った、とあります。

 行ではないというのは、行は「おこない」という字を書きますが、「おこないではない」ということではなく、もちろん「おこない」ではあるけれど、それによって何か結果が生み出されるタイプの、仏道修「行」のようなものでは、ない、ということです。

 そして、「行でも善でもない」というときの「善」というのは、善し悪しの「よし、」善を積む、善行を積んでいくという意味合いで語られる、そういうものでは、ないということです。

 ですから、お念仏を、わたしが称える場合は、わたしにとって、念仏は行でも善でもない、つまり「なんまんだぶ、なんまんだぶ」と称えるのは、何か結果が生み出されるタイプの、仏道修行、「行」ではないし、積み上げられていくタイプの善、でもない、ということです。

 聞くだけだと伝わりにくいでしょうか。

 つまり、親鸞さまが仰りたいのは、わたしが「なんまんだぶ、なんまんだぶ」ってとなえるのは、わたしが称えている、そのまんまが、まさに、阿弥陀さまのはたらきの中にある出来事であって、わたしの行いや、善をめざすような思いを、完全に超越しているということなんです。

 つまり、わたしがなんまんだぶをとなえているということは、わたしは阿弥陀さまに救われるということです。

 大事なことなので二度言います。つまり、わたしがなんまんだぶをとなえているということは、わたしは阿弥陀さまに救われるということです。

 あなたもわたしも、わたしやあなたが頑張るから阿弥陀さまに救われるのではなく、わたしの行いや、わたしが善だと考える物事に一切、何にも関係なく、「あなたのことは、南無阿弥陀仏を届けて、阿弥陀仏が救います。」ということなんです。

 阿弥陀さまが整えて、わたしのところに今こうやって届いている「なんまんだぶ!」、南無阿弥陀仏が、救いそのものです。それを、仏道修行のように「行」じたり、「善」として積み上げたりする必要はありません。ただ、阿弥陀さまの仰せにしたがって南無阿弥陀仏と言わせてもらうだけです。

 疑っても良いんです。ただ、その疑いには何の意味も効果もありません。南無阿弥陀仏が届いているという事実の前には何事もかすんでしまいます。

 わたしがなんまんだぶをとなえているということは、わたしは阿弥陀さまに救われるということです。

 なんまんだぶ、なんまんだぶ。

 担当は、十勝組、音更の妙法寺、石田智秀でした。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

瓜生崇『なぜ人はカルトに惹かれるのか』法藏館 [本の感想系]

なぜ人はカルトに惹かれるのか  脱会支援の現場から

なぜ人はカルトに惹かれるのか 脱会支援の現場から

  • 作者: 瓜生 崇
  • 出版社/メーカー: 法藏館
  • 発売日: 2020/05/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「カルトという問題を考えるときに最も大事なのは、自分が「正しい」と思った道を貫き通すことではなく、立ち止まって考え、しっかりとブレることのできる勇気を持つということである。」p.114

 よくある(?)カルト脱会経験談や脱会支援本とは一線を画している。
 第一章では、カルト的な面があるのではないかという疑いを持たれることもある「親鸞会」という新宗教に、著者が大学入学のころに勧誘され、入会し、活発に活動し、十年以上を経てやがて脱会するという、壮大な半生記が綴られている。著者自身の経験が赤裸々に、また心の奥底をえぐるように、痛いほどに踏み込んで書かれている。そしてこれが次章以降の普遍的な課題を解く手がかりになる。
 第二章では、無意識のうちに「自分たちは正しくカルトは正しくない」という前提に立ってこの本を読んでいる読者に、その「正しさ」とは何かを問いかけ、その「正しさ」が読者と彼らに何を要求しどう振る舞わせるか、共通項を挙げることで境界の曖昧さを指摘し、その「正しさ」を動揺させる。
 わたしたちは本当に「正しい」のか? 「なぜ人はカルトに惹かれるのか」?。
 広く深い思索から導き出される一つの答えは「正しさ」への依存である。誰もが依拠するその人の「正しさ」こそがすべてを困難にしていくのだ。
 第三章では、カルト等からの脱会支援に携わる著者の立場から、脱会支援は必ずしも「脱会」が最優先ではなく、その人への「支援」が最優先であることが明らかにされていく。
 その人がカルトに入ったのは、弱いからだとか、騙されたからだとか、わたしたちはそう考えがちだが、実はその人の自由意志と判断とによる。であるならば、脱会も、当然のことながら、その人の自由意志と判断とによらなければうまくいかないのである。こちらの正しさを前提とした説得や強制的な実力行使ではなく、相手の言葉にこちらが反応し、時にはブレるような、人と人としての信頼関係が支援の前提とならなければならない。
 『仏説阿弥陀経』で、釈尊は舎利弗一人に語りかける。しかし周囲の者や読者はそれを南無阿弥陀仏に包まれてある自分への語りかけとして聞く。著者は已今当(過去・現在・未来)の「脱会」経験者一人に語りかけるが、周囲の者や読者はこれを「正しさ」に依存して日々を生きる自分自身への語りかけとして読む。
 とはいえ、著者は釈尊のような指導者ではなく、あくまで伴走者である。最後は力強いエールで締める。

「カルトを経験してやめたというのは、私は誰がなんと言おうと素晴らしい経験だと思っているのだ。どれだけ後悔に沈んで、どれだけ罪悪感に苦しみ、どれだけ教祖を憎むとも、その歩みが血となり肉となり人生を輝かせるときがきっとくる。それまで共に歩んでいこう。」p.201

※ 瓜生さん、哲学者の森岡正博さんとインスタライブで対談しました。お二人とも法藏館から著書を出していることから実現した、宗教者と哲学者の56分に及ぶガチンコ勝負! 刮目して見よ!

【インスタライブ対談】(他サイトが開きます)
 
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:

瓜生さんと森岡さんのInstagram対談 [生命学]

インスタライブ対談の録画が公開されました。
【インスタライブ対談】(森岡さんのInstagramへ)

真宗大谷派の僧侶で実存的に信を実践なさっている瓜生崇さん(滋賀県・玄照寺ご住職)と、
早稲田大学教授で哲学的に実存的にあえて自覚的「無宗教」の立場を貫かれている森岡正博さんとが、
Instagramで対談をなさいます。

複数の著書のあるお2人ながら、
この対談の前に読むべきは、

瓜生崇『なぜ人はなぜカルトに惹かれるのか』
森岡正博『宗教なき時代を生きるために』
ともに法藏館刊 です。

瓜生さんの本は、信の立場から已今当(過去・現在・未来)の自分を掘り下げています。また、客観的にカルトの話を読もうと思っていた読者に「では正しさとは何でしょうか?」という感じの問いを突きつけて、自分はもはや当事者でしかありえないということを自覚させます。(させないかな?)彼らとわたしたちの間に境界はない。

森岡さんの本は、信仰に身を投じる若者の心を、自分の身と心に引き当てて、自分を棚に上げず、きちんきちんと考えていきます。信の手前で引き返すことの出来た森岡さんは、彼らと私たちの間の境界をよりはっきりさせようとしているのか、境界が実はないということをはっきりさせようとしているのか、……。

うちには両方ともサイン本があります。あっ、関係ないですね。

とにかくこの対談、たのしみでたのしみで。
しかし30分で終わるのは無理があると思います。

お時間合いましたら、ぜひどうぞ。
わたしもなるべくリアルで経験しようと思っています。

https://www.facebook.com/michiyo.toshiro/posts/2975276395890021
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:学問

あさまいり・常例 再開のお知らせ [お寺]

新型コロナウイルス感染症の感染拡大をうけ、5月末日まで、妙法寺では各行事やお参り等を休止しておりましたが、緊急事態宣言が全国で解除されるなど、少しずつではありますが事態が好転の兆しを見せ始めた……ように見受けられるので、新しい生活様式に配慮しつつ、細心の注意を払いつつ、「あさまいり(ご法話つき)」と「月忌参り」そして「常例法座(毎月9日)」を再開することにいたしました。
 
6月9日の常例は、しかし、教区から派遣される布教使さまの巡回がありませんので、住職であり布教使でもある石田智秀がご法話をさせていただく予定です。7月8月も同様の予定です。
 
話す内容は未定です。が、今のところ、コロナウイルス感染症に関連した話から入るような気はします。中の方がどうなるのかは不明ですが、結論はいつもと同様に「わたしは、わたしが頑張るから救われるのではない、阿弥陀さまがわたしを救うからわたしは救われるのだ」というところに落ち着くのではないかと思っています。
 
よろしくお願いします。
 
ビデオ撮るかな…… 録音は元々するつもりですが……
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

瓜生崇『なぜ人はカルトに惹かれるのか』法藏館 [本の感想系]

友だち?知り合い?が本を出しました。

瓜生崇
『なぜ人はカルトに惹かれるのか
 脱会支援の現場から』
法藏館
2020年5月10日
1600円+税

なぜ人はカルトに惹かれるのか  脱会支援の現場から

なぜ人はカルトに惹かれるのか 脱会支援の現場から

  • 作者: 瓜生 崇
  • 出版社/メーカー: 法蔵館
  • 発売日: 2020/05/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)

「これで、迷わず生きていきると思った」
自らも入信脱会を経験した著者が、アレフ(オウム真理教)脱会支援を通して気づいた、正しさ依存症としてのカルト。
脱会とは、迷いながら生きていく勇気を持つことである。
(帯より)

まだ読了出来ていませんが、数ページ読んだだけで早くも名著の予感です。

著者は、大げさな言い方ではなく、現在の浄土真宗全体の活動の一部を確実に開始し、また支える活動をしてくれています。大きなところでは全国の浄土真宗のご法話の日程が登録・検索できるようになったのも、浄土真宗の宗派を超えたご法話の会・合同布教大会が開始されたのも、また、いろいろなお寺や団体で、カルトの問題や、カルトに限らない教義や教学や実践の研修会の幅や深度が増したのも、すべて彼の尽力があったからこそであると言えます。

その彼の、宗教的な興味や不安など原点と思える部分から半生の記録のように綴られています。個人的な体験とそのときの思いを赤裸々に具体的に語ることが、普遍的な課題を解く手がかりにつながっていく。

前著『さよなら親鸞会』(サンガ伝道叢書)を二回りも三回りも大きくした、ルポ的な本。

……なのだと思います。これからしっかり読みますが、早くも名著の予感です。(大事なことなので二度言いました。)

なお、発売元の法藏館さまから直接買うと、2020年5月末まで、送料・代引き手数料が無料です。こちらです。
http://www.hozokanshop.com/Default.aspx?ISBN=978-4-8318-8779-5

では、よろしくお願いいたします。

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:

虹が出ました。 [日記]

先日、夕方ににわか雨が降って綺麗な虹が出ました。
二重になっています。
虹の「ねもと」の部分の撮影にも成功しました。

IMG_20200511_165106.jpg
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:地域

元気ですか。つらつらと書いてしまいました。 [日記]

2月の後半あたりからいろいろな行事や会議が中止や延期になって来ています。
わたしの身の回りでもさまざまなものが開催されないでいます。

いちばん最初は、2月18・19日に予定されていた「温泉説法」でした。これは参加するだけだったので「大変だなあ」で一応すみました。しかし準備している方は半年~1年以上前から期間や会場、テーマやコンセプト、ポスターや宣伝、だしものを考えたり練ったり練習したり、けっこう大変です。それを一ヵ月くらい前、まだコロナ禍が今ほど明確でなかった時に中止を決めてくれました。
それがわたしが経験した「中止」の最初でした。

その後は3月初旬の僧侶向けの研修会や一般向けの聞法会がつづけて中止になったり、全体の大事な会議も延期になりました。家族で行こうとチケットを買っていた3月中旬のアンパンミュージカルは8月15日の昼間に延期になっていけなくなり、学習会は中止、保育所の卒所式は卒所する人とその家族だけの参加となりました。

お寺の行事も、3月9日の婦人会報恩講(兼常例)と、23・24日の春季永代経が中止になりました。たぶんお寺始まって以来のことだと思います。「スペイン風邪」が流行った100年前にもお寺はこの地で、たぶん永代経をつとめていたのではないかと推測します。永代経を勤修していなかったとしても、常例はあったのだろうと思います。それを中止しました。

中止を決めて連絡のハガキを送った時は「ここまでする必要はあるのかな?」と半信半疑でしたが、その後、実施日が近づくにつれ、日本中そして世界中でどんどん感染が広がっていったし、学校も休校になったりしたので、妥当というか、そうすべきだったのだとわかっていきました。

毎年3月下旬に北海道中の浄土真宗本願寺派のお寺のこども会メンバを中心に呼びかけるリーダー研修会を開催しています。それも今年は中止になりました。わたしが子どもの頃にも参加していたもので、40年以上やっていますが、初めての中止でした。これもさみしかったけど、でも、一泊二日でゲームしたり勉強したり一緒にごはん食べたり、三つの密をしまくって親睦を深める行事なので致し方なかったと思います。

特別養護老人ホームのご厚意により、月一回「ビハーラ」という、傾聴活動+アルファの取り組みをさせていただいている、そのメンバの一人になっています。しかしこの状況ではちょっと難しい。再開を目指しつつ、今は休止しています。

今月に入ってからもいろいろな行事の延期や中止は続きましたが、4月9日の常例は、三つの密を避ける形式を模索して、なんとか開座できました。参加人数は少なめでしたが、ご法話を集まったみんなで一堂に会してライブで聞けるのはやっぱり嬉しいなと思いました。内容も大事だけど空間を共有することに意味が見いだされているなあ、と。でもライブ配信も模索していくべきだなと思いました。
 
3月のお彼岸の時、一堂に会して対面でご法話を聞くことが困難になって来たのを受け、スタジオからご法話をライブ配信するという試みが行われました。うちは今のところネット環境がそんなに良くないのでおそらくカンタンに上限に達すると思い視聴を見合わせましたが、画期的な取り組みとして、ネット上でかなり話題になっていました。今後のお聴聞の方向性に変化が現れるとしたら、今回のこれがまさに画期として記憶され記録されていくのだろうと思います。

4月と5月は、わたしが出向する予定だったご法座が中止になることが決まり、布教使としてはヒマをもらえる月となります。充電して勉学やお聴聞(Webや録画など?)に励んでいこうと思います。また、書かなければならないモノもあるし、やらなければならないコトも実はけっこう、見ないようにしてるだけでかなりあるのははっきりしているので、無理せず無理して整えていこうと思っています。

ご門徒さまのおうちへのお参りも、ちょっと今回は見合わせたいと思います、というご連絡をいただいた場合は「いやいやお伺いしますよ!」とは言わず「そうですか、こういう状況ですからね。お互い気をつけて過ごしましょう。お元気で。またご連絡くださいね。」と申して充電の時間を頂戴することにしています。

都会でテレワークが模索されてるということを農家の方と話していたら「うちはテレワーク出来ないからね」と仰ってました。GPSと自動運転機能のついたトラクタはまだそんなに普及してないようです。なおかつトラクタの整備やモノを運んだり設置したりするのはやっぱりヒトですもんね。そりゃそうですよね。

超宗派の僧侶が集まって、年に4回くらい、喫茶店のご厚意で「僧侶カフェ」という催し?傾聴?会話?の活動?をしています。それも今回は見合わせることになりました。ソーシャルディスタンシングをちょうど保たないくらいの距離感でお話する催しなので、これは致し方ないと覆いました。どこか広大な野原にベンチをたくさん点在させて、一つ一つのベンチの端と端に座ってお話するのなら良いのかな?とも思いましたが、それはちょっとコンセプトから離れた新しいイベントになりそうな感じがします。

とにかくいろいろ中止や延期です。お寺の運営会議も、委員全員で集まるとまったく「密」になると思うので、役員さんだけで集まって話して決めるようにして、それを承認してもらうか、はたまた役員さんにも集まるのを避けてもらって文書で話し合って決定していく方法をとったほうが良いのかもしれません。

いろいろなものが、今回の困難を境に、劇的に、ゆるやかに、変化して行くんでしょうね。「30年後の未来を思い描けますか?」というコンセプト会議みたいなのをやっていたとき、誰もが「ゆるやかにしかし確実に変化して行く」と無意識に思っていました。でも実際には「急激に確実に変化する」世界がここにありました。


人知の及ばないものの中で、それでもわたしたちは、右往左往しながら、おろおろしながら、ひいひい言いながら、一寸先は闇というか闇か光かさえわからないなあとぼやきながら、ヨロヨロと行くしかないんでしょうね。

とりとめのない文章で、ひさしぶりの更新でした。なんまんだぶ。

何か日常が劇的に変わったり、やっぱりしてますか。わたしは今のところマイナチェンジです。いつもより少し多めに本を読んだり子どもと遊んだり庭を掃除したり、部屋の抜本的な清掃にやっとのことで取りかかったりもしています。

では。なんまんだぶ。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

『茉莉花』デビュー! [携帯から更新]

先日「タイトルが決まらない」と言って困っていたご法話の原稿が、季刊誌に無事に掲載されました。

『茉莉花』は、広島の、仏教文化情報センター「真宗コア」の出版です。

思い出すに、いつごろの発刊なのか担当者さんに聞いて、そういう季節感のある内容にしようと思ったこともあるけどすぐに忘れ(そんな余裕なかった)、季節感のない内容になりました。

わたしとしてはこれが精一杯です。よろしくお願いします。
2020-03-14T23:19:27.jpg2020-03-14T23:19:27.jpg

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog

別の発表のタイトル。 [法話]

先日のことですが、「タイトルが決まらない」と言っておろおろしていたご法話原稿のタイトルは「荒ぶる信心」と決定して事なきを得ました。

こういう時に感じる「不思議」というか「これで良いのかな?」という感じは、「わたしが決めたタイトルや、わたしが書いた原稿に対して、誰も何も言わないことが結構多い」ということです。

なんで不思議かというと、たとえば、十勝組で要請されている役割に応じて何か(おもに報告書案)を書くときは、大きなミスや細かいミスについて、担当者達で事前にチェックするので直してもらえるのです。過去に所属していたゼミその他でも、プレ発表の時にいろいろ言ってもらうのでタイトルから内容からガラガラ変わっていくことが多かった。

なのに、ご法話その他の原稿は、書いたら書いたまま、実際に話すご法話も、話したら話したままが「石田の原稿」や「石田が話したご法話」としてそのまま流通……流通っていうと変ですが、何も直されずにそのまま受容されてしまう(内容そのものの受容ではなく)場合ばかりです。

それが何か、とても不思議な感じがしています。と同時に、「不思議だとか変だとか言ってる間に完璧を自分なりに仕上げなければならない! それが大人ってことだ! それが社会人ってことだ!」と今さらながらに思ったりもしています。

でも、石田はこういう人なので、変だなと思ったら、細かいことから大きなことまで、いろいろ指摘してくださったら嬉しいです。よろしくお願いします。なるべく「ええー!それはさあ!わかってないひとに言われたくないんだよ!」とか言わずに(ああ言いそうだ)素直に聞きたいです。

そう、こんどの学会ではこ以下のタイトルで発表することになりました。このタイトルは、わたしが提出したものに対して、事務方から「変更した方がきっと良いと思う」という提案があったのをわたしが受容して変化しました。こういう感じのやりとりがあったほうがわたしとしてはちょっと「ほっ」としてしまうのです。

「南無阿弥陀仏の由来
 サブカルチャー作品が示し得る真宗者の実践」

ちなみにこの「サブカルチャー作品」の部分は、提出したものでは「『魔法少女まどか☆マギカ』となっていました。発表要旨でも変更の提案があったので当該部分は「著名なゲーム・アニメ脚本家である虚淵玄が脚本・共同原作をつとめたサブカルチャー作品」に変更しました。

どうしたものか。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:アニメ
前の10件 | -